So-net無料ブログ作成

相棒犬 サリー帰ってきました・・・ [嬉しい便り]

8940493_998899049_226large.jpg

今日、午後3時半頃、電話をいただきました。

阿倍野区のスーパー玉出、播磨町店で、

ポスターを見て頂いたとのことでした。


人懐こくくっっ付いてくるので、危険だと思い

保護していただいてました。

警察の方に連絡すると、保健所行きになるのが嫌だからと

保護してくださっていました。

播磨町のスーパー玉出には、

丁度、預かってますのポスターを貼りに行ったところで

探してますポスターを見てくださったとのこと。。。。


姫松橋の駅近くのお宅だったので

駅前でお会いしました。。。


うれしかった・・・


フル回転で、尻尾フリフリ・・・

抱っこ抱っこで。。。

私も涙ぼろぼろ。。。

改めて御礼に伺う約束をして、

帰ってきました。。。

丁度、店からは10分くらいのところ。。。

この前、クッキーさんとポスターを貼りに行ったもう少し南側。。。


小さな犬が3匹居るらしいのですが

けんかになるといけないので、別にしてして下さってました。。。


いい子ですねといわれても、


申し訳ありません私の不注意でと。。。

平謝り。。。

サリーにも、ごめんの連発。。。


帰ってからも、膝の上で、長くなり・・・

PC台の上に頭をおいて。。。


ここから絶対に降りませんから。。。


1時間以上。。。

でも怒れませんでした・・・


そして今は・・・

8940493_999148484_77large.jpg

8940493_999148461_71large.jpg

こんな状態で、爆睡中です。。。

本当によかった。。。


昨日、みゆマリエスさんに、

電話セッションしていただき。。。

絶対に帰ってくるって信じて・・・

教えていただいた、「ホ・オポノポノ」を信じ

何度も何度もつぶやきました。。。

http://hooponopono-asia.org/

知らない方が見たら、・・・??・・・ってくらい・・・


「一体、私の潜在意識のどの情報が原因で、○○がみつからないのだろうか。
ごめんなさい。許してください。ありがとう。愛しています」

この言葉は潜在意識を浄化する言葉です。
信じる必要はありませんし、心をこめる必要もありません。
○○に「サリー」と名前を入れて、念仏のように、常に唱えてください。

心が折れそうなとき、ネガティブな考えに負けそうなときは、
この言葉ですぐに打ち消して、浄化してください。

「○○がみつからないのだろうか。」の部分をアレンジしてかまいません。
「サリーを保護した人は返してくれないのだろうか」
「家族が協力的じゃないのだろうか」
「あの人とうまくいかないのだろうか」
「お金がないのだろうか」
「やる気が起きないのだろうか」
「不幸な動物がなくならないのだろか」
「戦争がなくならないのだろうか」

ネガティブな言葉を使っても、
「ごめんなさい。許してください。ありがとう。愛しています」で
それを強力に浄化するので大丈夫です。
心の中の心配事を、どんどん浄化していってください。

「ごめんなさい。許してください。ありがとう。愛しています」
を繰り返すだけでもいいです。


これを、飼い主さんが実践した方は帰ってきたと聞きました。。。

又、アリエラさんから教えていただいた・・・


猫が帰って来るおなじないだけど・・・「立ち別れ 因幡の山の峰に生ふる 松とし聞かば 今帰り来む」と紙に書き、食器を伏せてその下に置く。猫では効果ありました。


やっぱり。。。

サリーは。。。猫だったのかも。。。


そして、慧斗@減量中(苦笑) さんが、

お手伝いを申し出てくださって、

機転を利かせ、播磨町のスーパー玉出に

ポスターを貼ってくださったんです。。。


本当に、皆さんありがとうございます。。。

感謝してもしきれません。。。




そして、もう絶対に離さないからと。。。

サリーに謝りました。。。

何がどうあれ、やっぱりこれは私の不注意です。。。




今まで、保護や里親探しをさせていただいて。。。

迷子にしてしまった方のお話も、

色々とおうかがいもしました・・・

でも、身をもって知らされました。。。

飼い主にとっても、迷子になった方にしても。。。

どれだけ不安なのか。。。


もっとこれからは、自分も、反省して、

人や動物に接しなきゃあかんと・・・


特に・・・

「ホ・オポノポノ」をつぶやくと。。。

まず己を改めよなのです。。。

心配頂いた皆さんに感謝し。。。

今まで私のそばに居てくれたサリーに感謝し・・・


長かったこの一週間を振り返らせてくれました。。。




本当にお騒がせしました。。。

ありがとうございました・・・



nice!(1) 
共通テーマ:ペット

大切な相棒犬 サリーが行方不明! [迷子捜索]

2月12日(土)の午後2時ごろ、お散歩に行くためにハーネスを用意していたところ
待ちきれなかったのか?柵を跳び越えて脱走してしまいました(T_T)

すぐに近所を一時間以上捜索しましたが、目撃情報がまったくありません。
普段、一匹では絶対に遠くへ行かない子なのに・・・

サリー001.jpg

とても人なつっこく、誰にでも抱っこされて、この笑顔・・・


常に保護した猫がたくさんいる中で生活しているので、猫も大好きです。

サリー002.jpg

サリーが仔猫を咥えて、保護して来たこともありますし・・・

仔猫たちの遊び相手や
母さん代わりに、よく面倒をみてくれていました。

サリー004.jpg

いつも車の助手席で、行動を共にしていた
大切な相棒・・・パートナーです。

サリー003.jpg


サリーを保護してくださった方、または見かけた方は

お手数ですが、ご連絡をお願いいたします<(_ _)>

※警察その他関係各所には、届出済み


サリー (シーズー) メス4歳

体重2~3キロくらい

※ハーネスを装着前だったので、迷子札など何も着いていません。

2月12日(土)午後2時ごろ

大阪市西成区天神ノ森1丁目より行方不明

些細なことでも何か情報をお持ちの方は、チラシの連絡先または、
左サイド下側の管理人へのメールより、ご連絡をお願いいたします。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

無知・無行動・無責任・・・やめてください。。。無責任な餌やり。。。 [地域猫]

お友達の日記をお借りしました・・・

ゆきももこさんからの転記です

ゆきももこの猫夢日記 『どうして餌だけあげて手術しないの?』

【以下転記】

野良猫に餌をあげている人には何種類かいて、定期的にだったり不定期だったり、自宅の敷地内や周囲だったり、他人の敷地や公共の場所だったり。

そして、その多くが、不妊手術せずに餌をあげて猫を増やしているため、今の日本では大きな社会問題になっているのですね。
そういう人達に「餌をあげるなら不妊手術を」と説得するのが、私達ボランティアの一つの役目でもあるわけですが、その説得の仕方は相手を見て臨機応変に対応します。

まずは、手術をせずに餌をあげている人達の話をします。
そういう人達は、さらに何種類かに分かれています。

【1】.無知餌やり・・・猫が好き、おなかを空かせている猫が可哀想、猫が頼ってくれるのが嬉しい、可愛い、癒される、といった理由で餌をあげています。
可哀想と思って餌だけをあげているとどうなるか、他人への迷惑、自分の負担や責任等、当然起こりうる事態を、まったく考えもつかないで、ただ可哀想、可愛い、と思って餌をあげている人。
(ちなみに私にもこういう時代がありました^^ゞ)
多くの餌やりさんは、ここから始まるのではと思います。

【2】.無行動餌やり・・・1から、やや進化した人たち。
手術したい、しなければ、と思っていても、お金がないとか猫が捕まらないとか、自身が高齢で餌やりするのがやっとだとか、様々な事情で手術できないでいる人。
性格がのんきな場合もある。

【3】.無責任餌やり・・・餌をあげる理由は1に準じているのですが、注意書きがあっても無視、人から注意を受けても無視。無視ならまだしも逆切れ。
つまり、1や2と違うのは、人に迷惑をかけているとか、増えてしまって猫も嫌われてしまうとか、そういうことを承知の上でもなお、せめて不妊手術をするという対策すらせずに、自分の行いを愛護精神を理由に正当化している、いわば確信犯のような人達です。

そして、この3が、なぜ手術をしないかというと、さらに分かれます。

【3-a】.単に子猫を見たい、子猫が好き、母猫が子猫におっぱいをあげている姿を見て楽しみたい、という理由で手術を拒む人。

【3-b】.手術のお金くらいあるはずなのに、ケチで「そんなお金はない」と言い、手術する責任から逃れようとする人。

【3-c】.不妊手術は神への冒涜だ、人間のエゴだ、不自然だ、という理由で手術を頑なに拒絶する人。
となります。


さて、私達が通りすがりなどで餌ばら撒きを発見した時、心では「うっ!無責任餌やり発見!」と思いますが、これは、その人が本当はどういう考えの人なのか?【1】なのか【2】なのか、或いは【3】なのか。
実際に話してみないと正体はわかりません。


相手が【1】の人だった場合は、言わずもがなだと思いますが、説明をすれば、自分の行いを正してくれる場合がありますので、頭から叱りつけるのではなく、猫が増えると糞尿の害や猫嫌いの目に止まって迷惑をかけること、猫が疎まれ迫害されること、餌をやるなら不妊手術や掃除をして、できるだけ人に迷惑をかけないようにすること等を説明し、どうしたら良いのかの道標を立ててあげます。
そして、必要なら手術のための捕獲や搬送を手伝います。

【2】の人だった場合は、猫が捕まらない場合は捕獲のお手伝いを、病院へ行くことができない場合は搬送を、お金がない場合は、安い病院を紹介したり助成金の紹介をしたり、それでもない場合は立て替えて分割でいただいたりします。状況によっては、ご近所へカンパの呼びかけを行ったりします。

お話した結果、【1】や【2】だと思った人が、実は【3】だったという場合もあります。


【3】・・・これがもっとも問題の【真性無責任餌やり】なのです。


【3-a】と【3-b】は、手術していないことが無責任だという自覚を持っていたり、手術をもちかけられるのを薄々察知していることもあるので、責任逃れや自己弁護のために、本音をなかなか言いません。

「だって自分の猫じゃないし~」とか
「野良ちゃんにそんなお金出す余裕ないし!」とか
「私だけじゃなく他の人だってあげてるし・・・。」などと、言い訳ばかりします。

また、【3-a】と【3-b】は、嘘つきな人が多く、お金は出さなくて良いからせめて捕獲の協力をして、と頼んでも
「いつも餌をやってるわけじゃないのよ。ほんとに時々あげるくらいだから猫が何匹いるとか良く知らないの~。」
抱っこできるくらい懐いているのに「私も全然触れないんですよ~。」などと嘘を言い、協力さえなかなかしようとしません。

そして餌やり行為については「お腹空かせてるのは可哀想でしょ!」と【動物愛護精神】を主張します。

しかも、【3-a】と【3-b】は、さすが無責任だけあって、餌やり行為自体にもそれほど執着なく、「そんなうるさいこと言われるなら餌もうやらないわ。」と、餌やりをいきなりやめる場合もあります。

けれども、何しろ無責任で恥知らずですから、ほとぼりが冷めたころにまた「自分の楽しみとして」餌やり再開する場合も多いです。


【3-c】の人はもう、一種の宗教のようなモノなので、餌やり行為についての根性と言ったら、それはもう感心するくらいあるのですが、人との関わりを忌み嫌っているような人が多く、とても頑なで、誰がどう言っても絶対に考えを変えないし、本当にどうしようもないです。


こういう人達を相手に、何とかして不妊手術を施し、できれば改心もさせなくてはいけないのです。
それには、辛抱強く誠実に話す努力と、何を言われても動じないで受け答えられる知識と経験が必要になってくるわけです。

---------------------------------------------------------------転載ここまで

ほんとうに・・・
不妊の必要性を、お話しすることは多いですけど・・・

転記した日記の通りの答えが返ってきます。。。




そして、これに輪をかけたすごいのは。。。

不妊してるでしょと、正当化し・・・

自分勝手な場所で。。餌をやる・・・

公園・駐車場・人の敷地・マンションの敷地・・・

みんな此処には餌を与えないでくださいとか、

猫が集まってきて迷惑していますとか書いてるんだよね・・・


マナーっていうのは、そんなもんじゃない・・・


置き餌禁止と書いてるところでも、堂々と置いていく・・・

沢山回らなきゃならないから、見つからないように置いてるし・・・

終わったら後で回収して回ってるから、置き餌じゃない。。。


それが置き餌ちゅうんじゃ・・・[ちっ(怒った顔)]

ほかの方も餌をやってるようだから、
お話して、置き餌をせずにすむ方法を考えたらどうですか・・・


あんな置き餌する人間には任せられない・・・


あのなあ。。。

あんたも、同じ穴の貉やろ・・・


いたちごっこか・・・


先日・・・

お友達がお留守の為・・・

代わりに餌を持っていきました・・・

餌を与えているのは一箇所だけです。。。

公園入り口まで、猫達はお迎えに出てきてくれます。。。

何で解るのかな??

きっと袋の中の餌のせいでしょう・・・^^;

きちんと入れ物に居れ。。。

はい・・・どうぞ・・・

みんなきちんと待ってます・・・

中には、紙袋の中を覗き。。。

今日は何??ってかおしてたり・・・

別の器にお水を入れると。。。

しっかり水も飲む・・・

周りをお掃除すると・・・

お手伝いしてくれるかのように、ついてくる。。。

全く知らない方が通りかかり・・・

ご苦労様ですと声をかけて下さいました。

立つ鳥後を逃がさず・・・

綺麗に掃除して帰る頃には・・・

猫さんたちは。。。数も減り・・・

じゃれあいながら居なくなってしまいました・・・

かかった時間・・・40分ほど・・・

こうすれば・・・

苦情の種も減る。。。

ここは公園で、この場所は・・・

この猫達のために少しお借りしている。。。

そうおもえば、何ちゅうことはないのかも・・・

もちろん、猫の管理や状態も把握できる・・・


がんばりやさんの彼女に脱帽・・・^^;


うちの場合・・・

餌やりは基本しませんが・・・

店長とJr.は・・・

お店の中で食べてもらってます・・・

そして・・・

帰るまでの時間・・・

のんびり爆睡・・・

返る頃には・・・

夜の街に元気一杯走っていきます・・・

うちも・・・

周りの皆さんのご理解があるからできることで・・・

ほかにお願いしている餌やりさんも・・・

その辺のマナーだけはきちんとしてくださってます・・・







そのマナー あんたは良くても みんなは困る。

おまけに 猫は 今日も 大迷惑。

                          by choco

nice!(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。